ネイルの基本

爪を綺麗に整えたらやっぱり色をつけていきたいですよね。

お家で手軽に出来るのはやはりネイルカラー(マニキュア)です
しかし、なかなか自分では綺麗に塗れなくて諦めている人もいるかもしれません。
綺麗に塗れないのはやり方が間違っているからかもしれません。
正しい塗り方を覚えて自分で塗ってみましょう。
塗り方を覚えたら、とにかく回数をやることが大切です。
慣れてきたら、とても簡単に綺麗に塗れるようになります。

塗り方と手順

用意するもの
・エタノール(または油分の入っていない除光液)
・ベースコート
・マニキュア(自分の好きな色)
・トップコート
・コットン
・綿棒
・除光液

 

塗り方
1、エタノールで表面を拭く
エタノールを含ませたコットンで爪の表面を拭きます。
エタノールで拭くことで爪の汚れや油分を取り除くことが出来ます。
この一手間をするのとしないのとでは、仕上がりや持ちが変わってきます。

 

2、ベースコートを塗る
ベースコートを塗ることで爪への色素沈着を防いだり、マニキュアののりも良くしてくれます。
塗り方は下に書きます。

 

3、マニキュアを2度塗りする
塗り方は下を見てください。
マニキュアは2度塗りする綺麗に仕上がります。
1度塗ってしっかり乾いたら2度目を塗ります。
はみ出しても大丈夫なので、あまり気にしすぎずに塗りましょう。

 

4、トップコートを塗る
塗り方は下を見てください。

トップコートを塗ることで、ネイルの持ちを良くするだけでなくツヤも出しきれいに見えます。

マニキュアがしっかり乾いてから塗ってください。

 

5、はみ出しているところを除光液で落とす
トップコートがしっかり乾いてからおこなって下さい。
綿棒など細いものに除光液をつけはみ出したところを落としていきます。
はみ出したところだけを慎重におこなって下さい。
今までの努力を無駄にしないようにして下さい。

塗り方

ただ塗るだけでは綺麗に塗ることは出来ません。
正しい塗り方を覚えて綺麗なネイルにしましょう。

 

塗り方
1、適量をハケにとる
ハケに付け過ぎたマニキュア等は瓶の口で量を調節して下さい。
そしてハケの理想の形は扇状になることです。

 

2、爪の先端の断面に塗る
塗り忘れる人が多いのがこの部分です。
断面に塗ることで、仕上がりがかなり変わってきます。
忘れずに塗りましょう。

 

3、中央→左→右の順番に塗る
初めての人はどちらか一方から塗る事が多いですが、この順番が大切です。
なるべく3、4回で1つの爪を塗り終わるようにしましょう。
それが綺麗に仕上げるコツです。
塗るときは甘皮から1mm程度離して塗ると綺麗です。

 

これが基本の塗り方になります。
1つの爪を塗るのにマニキュア等を瓶から付け直す必要はありません。
一気に塗ってください。
順番を覚えて綺麗に塗れるようになりましょう。