爪切りはダメ!!

爪を整えるのに爪切りを使う人は多いのではないでしょうか?

しかし、爪の形を整えるのに爪切りは良くありません
なぜかと言うと、爪切りで爪を切るとひび割れや2枚爪になってしまうからです
爪切りで切った切り口は小さなヒビが入っています。
切りたては目立たないのですが、伸びていくと徐々に2枚爪などの原因になっていきます。
あので、爪切りで切るのは簡単ですが綺麗な爪を維持するには止めましょう。
爪の形を整えるにはエメリーボードで削るようにしましょう

爪の整え方

爪を整える時はエメリーボードで削りましょう。

エメリーボードで削る際は注意点が3つあります。
・爪に直角に当てず爪に対して45°(2枚爪などの原因に)
・一定方向に動かす(押したり引いたりは爪の負担に)
・紙製のエメリーボードを使う(紙製だと力を入れすぎても発散してくれるため)
以上のことに気をつけて整えていきましょう。

 

爪の整え方
1、お湯に指(爪)をつける
約40℃程度のお湯につけることで爪を柔らかくして削りやすくします。
大体5分つけて下さい。

 

2、爪を削る
エメリーボードで一定方向に動かしながら削っていきます。
削る順番は先端→脇→角の順番に削っていきます。
利き手から削っていくと良いでしょう。
爪を削るのにも集中力が必要で、後半に利き手でない方でおこなうと綺麗に出来にくいためです。

キューティクル(甘皮)ケア

キューティクルケアは健康的な爪のために必要なので、面倒くさがらずにおこなうようにしましょう。
ネイルをする時もキューティクルケアをおこなってからすると、持ちがとても良くなります。
なので、爪を削った後におこなうようにしましょう。

 

用意するもの
・キューティクルリムーバー
・キューティクルプッシャー
・キューティクルニッパー
・バッファー
・お湯(40℃程度)

 

キューティクルケアの方法
1、キューティクルリムーバー塗る
キューティクルにキューティクルリムーバーを塗って下さい。
キューティクルを柔らかくして取りやすくします。
キューティクルの下にある余分な角質も取りやすくしてくれます。

 

2、お湯に指(爪)をつける
約5分程度つけて下さい。
お湯につけることでキューティクルや角質をふやかす効果があります。

3、キューティクルを押し上げる

キューティクルプッシャーで優しくキューティクルを押し上げていきます。
円を描くようにするとやりやすいです。
押し上げすぎると爪の付け根のところが傷ついてしまうので注意して下さい。

 

4、残りのキューティクルとささくれを切る
根元にもっていっても取りきれなかったキューティクルはキューティクルニッパーで切り取って下さい。
その時にささくれもあったら切り取って下さい。
手で引っ張って取るのだけは止めて下さい。
ささくれは引っ張って取るとばい菌等が入り炎症を起こしてしまうことがあります。

 

5、バッファーで表面を整える
最後に爪の表面を整えます。
バッファーで力を入れ過ぎないように優しく擦ります。
見た目も綺麗になりますし、ネイルをする時も持ちが良く綺麗に塗る事が出来ます。
ただ、やり過ぎると爪が薄くもろくなってしまうので気をつけましょう。
元から薄い人は、やらない方が良いかもしれません。